マエダ登山部 藤原岳・御在所岳(2日目)

鈴鹿セブンマウンテンの2山へ

TAX中環松原店の店長・谷口です。今回は、ひとり登山です。岐阜県及び三重県と滋賀県との県境沿いに位置する鈴鹿山脈の『藤原岳・御在所岳』へ行ってきました。藤原岳は「日本三百名山」に、御在所岳は「日本二百名山」に選定されています。

 

2日目は『御在所岳』へ

鈴鹿山脈の主峰といえるのが御在所岳です。登山ルートは中道、裏道など数本あり、山中には「負(お)ばれ岩」や「地蔵岩」などの奇岩怪石、スリル満点の「キレット」など、異質な景観が登山者を誘います。

 

御在所ロープウェイ乗り場

紅葉の時期ということもあり、平日でもたくさんの人が訪れていました。

 

裏登山道入り口

ロープウェイ乗り場から5分程のところに裏登山道入り口があります。今回は、「裏道~中道コース」で山頂を目指します。

 

湯の山散歩道

最初は、湯の山散歩道を通っていきます。

 

山道

山道では分かりにくいところもありますが、岩や木(枝)などに印を入れてくれています。

 
ここは既に裏道から中道への山道ですが、非常に分かりにくく木の枝の目印テープが無ければ迷っていました。本当に助かりました。

 
また、急こう配や足元の危ないところがありましたので、あまりおすすめではないです。

 

中道

ようやく中道に合流。

 
ロープウェイの下をくぐります。

 
岩がゴロゴロ、ちょっとした鎖場です。

 
山頂はまだ遠いです。

 
皆さんは先端まで行って撮影や休憩するのですが、自分は怖くてこれ以上前に行けませんでした(笑)

 

次のページでは、岩峰の様子などをご紹介します。ぜひご覧ください。

固定ページ: 1 2