保険のプロにご相談ください。

当社保険課の谷口が「保険」について、あれこれ役立つ情報をお伝えいたします。

マエダの保険課

当社は2005(平成17)年、保険業務を強化するため、「保険課」を設置しました。中古車販売会社で保険を専門に取り扱う部署を作ったことは珍しいと思います。私自身は3年間に渡る保険会社の代理店研修を受け、損保関連で11、生保関連で3つの保険資格を取得しました。また、中古車販売20年の経験もあります。このコーナーでは、これまでにあった様々な事例を紹介して、皆さんに保険についてのあれこれを知っていただきたいと思っています。


このケース、Aさんは賢い選択をしたと言えます。自動車保険の場合、どうしても保険料の安い商品を選んでしまいがちです。そこで、多少掛け金は増えますが、ワンランク上の商品を選んでおくと、万が一の場合でもグンと広い範囲をカバー・補償してくれるのです。「えっ?こんな場合にも適用できるの?」とビックリされる商品があります。ご相談ください。


「こちらは悪くないのに、相手が保険に入ってないばかりに、結局泣き寝入りせざるを得ない」というケース、多いのです。「クルマ運転してるんやから、保険に入ってるのは当たり前やろう」ということは結構常識ではないのです。現在、保険に未加入の人が増えていると言われています。しかも、自動車保険の補償内容も様々ですから、「この場合には適用できません」ということもあるのです。


保険はもちろん「もしも」の時のことを考えて入ると思うのですが、その「もしも」が起きた時、一番味方になってくれるのが保険なのです。皆さんにも、ぜひとも現在入られている補償内容の見直しをおすすめします。


 
 

自動車保険の概要について

ここからは自動車保険の概要についてご紹介いたします。
取扱商品、保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問合せください。

(引受保険会社名)
東京海上日動火災保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

2018年4月作成  17-T12440

 

医療保険の概要について

こちらではシンプルでお手頃な医療保険「メディカルKit NEO」(スタンダードプラン)をご紹介します。 マエダでは、クルマに関する保険だけでなく、医療・生命保険も取り扱っています。お気軽にご相談ください。

(引受保険会社:東京海上日動あんしん生命)

※この商品には、死亡に対する保険金はありません。(被保険者の死亡時に解約返戻金があるときは、解約返戻金と同額の返戻金をお支払いします。)
※この商品の解約返戻金は、まったくないか、あってもお払込保険料の合計額に比べ、ごくわずかな額となります。
給付金をお支払できない場合があります。詳細は「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

 

■「保険商品などの勧誘・販売方針」についてはこちらをご覧ください。

 

「お客様に寄り添いながら、代理店ならではの情報、サービスをご提供いたします。
ぜひ、ご相談くださいませ。