最終更新日 2020年7月2日

整備センターの作業風景を動画で紹介します。

マエダでは自社で研磨作業を行うことが出来ます。今回は整備士の竹本がご紹介します。

ディスクローターは、摩耗していくと、「制動力の低下」や「ブレーキ鳴き」の原因となります。ブレーキの効きが悪いままの走行は大変危険な為、定期的な研磨や交換が必要です。そこで登場するのが高精度・高機能のブレーキディスク研磨機「ADL-01V」です。

整備士・竹本の「作業コメント」です。

今回は、リヤブレーキディスクローターの研磨作業をしました。交換という方法も有りますが、一度焼きの入ったディスクを研磨すると、次は歪みにくいと言う利点が有ります。研磨が可能かどうかは痛み具合や、ローターの厚みにもよりますが、総合判断して、ご提案と作業をさせて頂きます。ブレーキ性能に少しでも不安を感じられましたら、当店へご相談ください。

 
(松原整備センター・整備士:竹本)