最終更新日

青空の下で運動不足解消です!

あまりにも天気が良かったので、出張での空き時間に『新宿御苑』を歩きました。

新宿御苑は、徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツといわれています。明治に入り、農事試験場を経て、明治39年(1906)に皇室の庭園となり、戦後昭和24年(1949)に国民公園として一般に公開されました。園内には、風景式庭園、整形式庭園、日本庭園と異なる3つの庭園が巧みにデザインされ、明治を代表する近代西洋庭園といわれています。
〇広さ58.3ha(約18万坪)  〇周囲3.5km

 

青い空と緑豊かな自然に、心も体も健康になりました。まさに「都会のオアシス」です。
 
(社長・森山)