最終更新日 2021年7月31日

台風や大雨の気象情報は、こまめにご確認ください。

強い台風14号は、発達しながら9日以降は西日本へ接近し、10日以降は東日本に上陸するおそれがあるそうです。
気象情報は定期的に更新されますので、お住まいの地域の最新情報をこまめにご確認ください。

 

台風や大雨の自然災害は、車両保険で補償されます。

自然災害は予期せぬ時に生じますので、車両保険をご契約いただいていれば安心です。

ここ数年、台風や集中豪雨によって自動車が水没したというニュースをよく聞きます。車両保険では、水災・風災や大雪による被害でも補償対象となります。万一の事故により大切なお車に損害が発生した場合に備え、ご契約内容のご確認をお願いいたします。
 

車両保険の一般型とエコノミー型(車対車事故+限定危険特約)の違いについて

一般型は補償範囲が広い代わりに保険料がエコノミー型より高く、エコノミー型は補償範囲が狭い代わりに保険料が一般型よりも安くなっています。ただ、台風や大雨の自然災害は一般型、エコノミー型とも補償対象です。一般型とエコノミー型で補償の対象となる事故の違いは以下の表のとおりです。※青色が一般型のみの補償です。

一般型車やバイクとの事故(相手が判明している場合) / 当て逃げ(相手不明) / 自転車との衝突・接触 / 電柱・建物などとの衝突や接触(単独事故) / 転覆・墜落 / 火災・爆発・台風・洪水・高潮など / 盗難・いたずら・落書き / 窓ガラスの損害・飛び石による損害

エコノミー型車やバイクとの事故(相手が判明している場合) / 火災・爆発・台風・洪水・高潮など / 盗難・いたずら・落書き / 窓ガラスの損害・飛び石による損害

 

マエダのほけん館では、補償内容の再確認や見直しを無料でご案内いたします。

自動車保険で後悔しないために、ご契約内容のご確認をお願いいたします。そして無理なく支払える保険料の範囲で、補償内容の見直しもぜひ、ご検討ください。
 

台風や大雨については、お住まいの地域の最新情報をこまめにご確認ください。

注意報や警報は、お住まいの地域の特性や過去のデータをもとに発表されます。短時間でも激しい雨が降ると、想定外の災害に巻き込まれるおそれがあります。警報が出た際、不要な外出や車の運転は、危険な行動になりかねません。車を運転中に大雨に遭遇した場合はできるだけ低い場所を避けて運転する。大雨警報や土砂災害警戒情報が発表された場合は、山などの急な斜面に近づかないようするなど、危険な場所を避け、安全な行動をお願いいたします。