長期の休みを頂いて、スペイン、バルセロナへ行ってきました!

バルセロナ3日目は、朝から『サグラダ・ファミリア』の内部の見学です。

未完の世界遺産として有名なサグラダ・ファミリアは、キリスト教の聖堂(聖家族贖罪教会)です。着工から100年以上が経過しても今なお建設途中となっており、ガウディ自身も完成を見ることなく、1926年に73歳で亡くなりました。着工当時は完成までに約300年かかるといわれていましたが、技術の進歩によって工期は半分ほどに短縮され、完成は2026年に予定されています。

 

この日は、昨日予約がいっぱいで入れなかったサグラダ・ファミリアの内部の見学からスタートです。予約した時間が朝の為、早起きしました!
ホテルの朝ビュッフェもやめて、早起きついでにホテルの近くの『サンタ・カテリナ市場』へ!

 

サンタ・カテリナ市場

バルセロナは朝8時頃迄、薄暗かったです。この市場のカフェで生ハム挟んだフランスパンを食べて、サグラダ・ファミリアへ向かいました(^-^)


 

サグラダ・ファミリア

朝から沢山の人が居ました!


 
そして、待望の内部へ(^-^)。

 
生誕のファサード(塔)。ヒト1人通れる位の螺旋階段が続きます!

 
内部その1

 
内部その2

 
内部その3(天井)

 
内部その4

圧巻!!その一言でした!
朝早かったのもあってか、ステンドグラスを通して入ってくる陽の光がメチャクチャ綺麗でした!ホンマに凄かったです(^-^)

 

次はガウディが設計した公園『グエル公園』へ!
まだまだ続きます。

 

固定ページ: 1 2